FC2ブログ

吉岡山の音ネタ

アルバム制作・プロモーション・ライブ等、ヒイヒイ言いながらもまったり活動しているバンド「吉岡山」のブログ。Vo&Gは音楽講師やってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近コンタクトを入れたのですが、まだ入れるのが下手で
グリグリと眼球周辺をいじっていたら・・

左目だけ二重になってしまった( ̄ロ ̄lll) 岡です。

どうせなら両方なってくれっつうのに。



自分は音楽、歌、言葉というものに救われて生存しています。

詩について。

自分は共感できる歌詞っていうのは色々パターンがあって・・



「やさしい気持ちを直接語りかけてくる」

このパターンは作詞者の性格が真に問われるところです。
本当にやさしくないと薄っぺらく表層的になってしまい感動しない。
しかしツボにはまると号泣ものです。沁みます(笑)。

最近はそんな本当にやさしいヒトに憧れています。



「ポジティブなものを客観的に見せる」

客観的ってトコロがポイントで。押し付けられるとちょっと煩い(笑)
音に高揚感があると相乗効果で青空に抜けるような気持ち良さがあったり
青臭くも純粋にパワーや疾走感が感じられたり。



「ネガティブなものを客観的に見せる」

こちらのほうがさらに客観性(と感受性)が重要。
客観的ではない・・主観的すぎると下手をすると
お涙チョーダイの演歌みたいになってくるからです。
(とは言え、結構日本人は好きですねコレ)

しかしこれもツボにはまると琴線に触れまくり。
感情の言葉を一切入れなくても実に切ない風景を描くヒトもいますね。

自分は「悲しみ」より「哀しみ」って感じに魅かれます。



「脳味噌のなかそのまんま抽出」

無軌道。無秩序。(笑)でも「人間」ってものがリアルに感じられます。
歌詞ってメッセージの為に言葉の取捨選択・誇張があって
実は本当にリアルではなかったりもして。
(まぁ感情がリアルならいいんですが)

結構、人間のアタマの中って複雑で
思考の飛躍も激しかったり同時に色々考えたりもしていて

本当にそのままリアルに文章化すると
ワケが解らない感じだったりするんですよね。

これはこれで味わい深い。



・・まぁ歌詞にしてもメロディやサウンドにしても

嘘偽り無い感情(またはそれに代わるもの)が表現されていて
そこに愛せるヒトやモノや世界が浮かびあがってくるものが素敵だなーと思います。

音楽も言葉も「ヒトの匂いが染み付いた器」なのでしょうかね( ̄ω ̄)







↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
テーマ:作詞・作曲 - ジャンル:音楽
コメント

作詞はできるんだけど、作曲ができない・・・

詞もメロディーもできてるんだけど、

それをしっかりした曲に完成させて残したい・・・

そんな人のための編曲プランがあります!

   → http://fm7.biz/1wub


あなたの作った詞に曲を付けたり、

鼻歌のみの録音テープから、

完成された一曲に仕上げます。


そして!

あなたの作った歌をプロの歌手が歌います!

   → http://fm7.biz/1wub
2007/03/27(火) 18:23:11 | URL | マキ #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yoshiokayama.blog83.fc2.com/tb.php/47-bf7b8a01
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。