吉岡山の音ネタ

アルバム制作・プロモーション・ライブ等、ヒイヒイ言いながらもまったり活動しているバンド「吉岡山」のブログ。Vo&Gは音楽講師やってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近全くTVを観ていなくて世の中がどうなっているか
不明な岡です。



やっと正月に買った真空管ギターアンプを「オイシイ音量」で
鳴らしてくる事ができました。
アンプの音決めだけの為にスタジオに行き
BASSの吉岡山の山と共にアンプ全開。

ギターアンプってW数、スピーカー、箱に見合った音で
鳴らさないと全然真価が解らないので・・・

そして真空管アンプはそれがかなりバカデカイ!音量なんです。
以前ブログに書いたように
家でその音量で弾くと昼間でも苦情が来る可能性大な音量です。

真空管アンプを持っている方は
皆さん家で鳴らしきれないで悶々としているでしょう(笑)。

ちなみにアンプの選び方は・・・

アンプは許容範囲ギリギリの大音量で鳴っているときが
最もいい音がします。
そこをステージの本番の音量として
音楽性、ドラム等の音量を加味してW数を考慮。

パワーがあればあるほど良いという訳ではありません。
アンプを目指す音色で鳴らしきった時、他のパートとのアンサンブルが
ちょうど良い位の音量になるのが理想です。

後は音色、タッチ。

音色がアンプによって変わるのは勿論ですが
弾いている人にしか解らないタッチ(感触)も重要です。

ギターアンプのタッチとは「プレイに対する反応」です。
自分も結構音色を取るか、タッチの良さを取るかで悩んだりします。

ギターアンプが時代遅れの真空管を使うのは
この「タッチ」を重視しているからです。

自分の理想の音を追求すると
ギターそのものと同等、又はそれ以上に
アンプの選択・セッティングは大切なのです。

エレキギタリストは
ギターからギターアンプまでが「自分の声」として扱う楽器として
個性を磨くべし!



とは言ってもいいアンプは高価なモノが多い・・・
僕は好きな音のアンプが高価じゃなくて良かったです(笑)。






↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽
コメント
リンク設置について・・・
こんにちわ!相互リンクして頂いている「UTAUKOE~ヴォイストレーニング~」の親サイト「JUNKMART」(http://www.junk-mart.net)で、管理ブログと相互リンクして頂いているサイト・ブログを紹介させていただくページを設け、JUNKMARTからもリンクをさせていただきましたのでご連絡させていただきます!
また、ブログの紹介文を書いていただければ、リンクページ(http://www.junk-mart.net/link.html)に載せさせていただきます!

紹介文を相互リンクについてのページ(http://www.junk-mart.net/connect.php)から記入・送信していただければ結構です!

お時間のあるときで結構ですのでよろしくお願いします!
2007/02/01(木) 13:23:41 | URL | JUNKMART #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yoshiokayama.blog83.fc2.com/tb.php/38-9d661946
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
アンプについて
アンプアンプは音声を増幅する音響機器。英語名amplifierの略称から慣例的にこのように呼ばれることが多い。入力信号の電圧、電流または電力を大きくして出力する(それぞれ、電圧増幅・電流増幅・電力増幅)電子回路である。用途、出力の大きさ、付加機能によりいくつかの
2007/04/04(水) 01:12:42 | 音響・カラオケ関連ワード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。