吉岡山の音ネタ

アルバム制作・プロモーション・ライブ等、ヒイヒイ言いながらもまったり活動しているバンド「吉岡山」のブログ。Vo&Gは音楽講師やってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ギターの形フェチ、岡です。


自分のアコースティックギターは「Gibson J45」です。
gibson



自分はバンドではエレキがメインなので
そんなにアコースティックギターは色々試してはいませんが
有名どころは一通り弾いてみました。

メインじゃないからそんな高いヤツじゃなくても良いや、って感じで
J45以前はヤマハ・Kヤイリ・クロサワのスタッフォードなんぞを
使っていました。

たまたま遊びに行った御茶ノ水の楽器店で
割と安く中古で出ていたのです、このJ45。

音が気に入って買ったのですが、特に特徴的なところが
「打音」がイイ!

弦をミュートしてのブラッシング+
勢い良く右手を弦にブツケたときのフレットと弦が当たる音が

男らしい♪

そして他多くのMartinドレッドノートタイプのギターより
少し弦長が短いのでテンションが柔らかく弾きやすいです。
音の響きもちょっとユルイ感じ。

またラウンドショルダー(撫で肩)の為、少し小さい感じがして
取回しが楽な気がします。



ただ音色は「中域からやや高域が目立って、レンジが狭い」です。
MartinのDタイプのほうがはるかに高域・低域共に出る。

ストロークでさらっと弾いて馴染む音ではないようです。

で、強く弾くとやけにベキンベキンな倍音が出る。

ディープなブルースギタリストはたまらんでしょうが
爽やか感は皆無です。

自分はたまらん派です(笑)

ロック・ブルース系のギタリストが愛用しているのも
うなずけます。

自分がMartinを避けたのは
「音が良すぎる」からです。

事実、アコースティックギターインスト界では
圧倒的にMartin派が多いです。



そこそこ良い値段のMartinはあまりにも音が気持ちよくて
自分の場合、ギターばっかりに耳が行ってしまいます。

自分は歌いながら弾く上に歌大して上手くないし
それを考えると・・・・歌聴いてもらえねぇ( ̄ロ ̄lll)

程好いクセのあるGibsonのほうが自分に合っている気がしたし。

でもクラプトン+Martinも良いよね・・・・



という訳で、かなり主観的ですが



セレブな音ならMartin
ディープな音ならGibson







↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
テーマ:楽器 - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yoshiokayama.blog83.fc2.com/tb.php/28-c6c44e95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。