FC2ブログ

吉岡山の音ネタ

アルバム制作・プロモーション・ライブ等、ヒイヒイ言いながらもまったり活動しているバンド「吉岡山」のブログ。Vo&Gは音楽講師やってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
TSUTAYAのcmを観ていて自分も無性に羊の毛を刈りたくなった岡です。



最近CDの流通量がどんどん減っているとか。
本国のタワレコも倒産しちゃったし、音楽配信はインターネットが
幅をきかせてきた、と。

CDという「かたち」が少なくなって少し違和感を覚えるが・・・

これは音楽を愛する全ての人にとって「健全」だと思う!

何故かと言うと


インターネットの世界での配信なら
「商業的」でない音楽もどんどん流通するから!



自分のバンド「吉岡山」は「mF247」というダウンロードサイトで
曲を配信しています。携帯電話向けには「itadaki」という
au公式サイトを利用しています。

いや自分が作品を世に出せるから、って訳じゃないっすよ。
そういう「個人的」な「商業的」じゃない音楽って面白いんですよ
自分は。

AさんもBさんもそこそこ満足って音楽よりも
(これはいわゆる「売れセン」)
Aさんは嫌いだけどBさんは大好きって音楽のほうが
Bさんにとってはかけがえがないものですよね。

でもこれは多分前者の音楽より売れない。

俺は欲しいCDが近所のTSUTAYAでいつも見つかんねーぞ!(怒)

あっ

田舎だからでした( ̄ロ ̄lll)



今インターネットは「web2.0」という新たな時代に突入したそうな。

これは今まで企業→個人という発信が主だったインターネットが
個人間相互発信が企業発信と対等以上になってきた、ということ。

2ちゃんねるやmixiのパワーは絶大なモンがあるし、
このブログってやつだってそうですよね。



前述の「mF247」の創始者・丸山氏は元SME(ソニー)の社長で
mF247を立ち上げたきっかけは

「自分の気に入った無名のアーティストを世に紹介したいと
思ったときレコード会社ではいろいろ面倒だから」

みたいなコト言ってました。

社長ですら、いや社長だからこそかもしれませんが。
音楽は「芸術」だけどレコード会社にとっちゃ「商品」なんだよね。

だから利益を考えてしまって、なんだか腰が重い。

「企業」「利益」と「芸術」って相性悪い気がする。本来。



音楽がCDというメディアを介在しなければ大掛かりな
メジャーの流通・制作に頼らなくても作れる。

インターネットで配信なら音さえありゃいいわけで。
世界中どこにでも届き世界中どこからでも探せる。

そしてどこからでも「発信」できる。地方でも個人でも。

そんでもってあらゆる音楽がそこにある。売れる売れない関係なく。


「健全」じゃないですかー!


作りたい人が音楽を作って、それを欲しい人がダイレクトに受け取る。

いままで売れてるものだから、って音楽を選んでいた人は
探すのが面倒になるだろうけど。絶対数が増えるからね。

だからレコード会社は「売れる音楽」を配信するんじゃなくて
ユーザーが好みにあう音楽に辿り着けるような「仕組み」を
開拓して欲しいです。

そんなカテゴライズの本屋さんが確か評判だったよね?
興味に沿うもののカテゴライズで陳列しているというやつ。



俺つくろうかな。

あっ曲つくらなきゃ・・・。





↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://yoshiokayama.blog83.fc2.com/tb.php/10-ed555434
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。