FC2ブログ

吉岡山の音ネタ

アルバム制作・プロモーション・ライブ等、ヒイヒイ言いながらもまったり活動しているバンド「吉岡山」のブログ。Vo&Gは音楽講師やってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
皆さん頑張ってますか?岡です。



前々回のブログの通り吉岡山としてのライブが久しぶりに。
そんな訳で月曜、メンバーも久しぶりのリハでした。

さぞ演奏がボロボロになっているんだろうなと思ったら
そうでもない。さすが幼馴染(?)

定番曲は特に問題なく終了。
あまりライブで演奏していない曲をみっちり練習して終了。



帰りのミーティングでハナシに上ったコトは
良いステージのためのメンタルな部分。

客観性・・というかステージの自分達を俯瞰で観る部分と
その音楽そのものに入り込む部分とのバランスが重要で。

自分としては、例えば悲しい曲はそういう気持ちで
演奏したいし・・その曲の世界観に同化しなければ説得力が無いかな
とか思ったりもする訳です。

とは言え、実際のステージでは様々なアクシデントや
会場の状態・客の反応があり、それの中でベストな出音を
探ったりしなくてはならなかったりもします。

また世界観が「濃い」曲ほど、それこそ淡々と
読み上げるように表現したほうが聴き手にすんなり受け入れられる
場合も多いのです。

まぁ笑顔で悲しい曲はやらないけど。

曲や詩を書くときは
「等身大の自分の感情を100%表したい。
つくり笑いのような音楽は絶対つくらない。」
と思っているだけに、いやがおうにも・・・

やや濃いめになってしまう(苦笑)

ヒトの曲なら違うんでしょうね。

でもその「創作者と表現者が同一」というところが
純度が極めて高い世界観を生み出すのかもしれませんね。




・・純度が高いからといってそれが聴き手にとって
良いものとは限らないんですけどね(´▽`;)

興味のある方は観に来て!







↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽


僕等はなんとなく時間をつぶす
嬉しくても 悲しくても
彷徨うのは何故かさえ分からないのです

いつも いつも いつも いつも いつも

明け方の改札で笑いあった
君は今も 笑っていますか?
楽しい日々が続けばいいのに

ずっと ずっと ずっと ずっと ずっと

ネオン管と乾いた空気の街で
白い吐息が 冬を知らせた



僕等はなんとなく大人になる
正しくても 間違っても
嘘つくのは何故かさえ忘れるのです

いつか いつか いつか いつか いつか

誰もいないから寂しい訳じゃない
君はこの空の下どこかにいるんだろう?

きっと・・・

きっと・・・

僕等はなんとなく時間をつぶす
嬉しくても 悲しくても
彷徨うのは何故かさえ分からないのです

いつも いつも いつも いつも いつも







「ネオン管と乾いた空気の街」

作詞・作曲 岡田和巳






↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

テーマ:歌詞 - ジャンル:音楽
2007.2.5


ココロに残る風景。初日の出じゃないよ・・・岡です。


明けない夜は無い! 


今、暗闇にいるのかもしれない
全てのヒトに・・・ってコトで(^◇^)ゞ


意味不明ですみませんね(苦笑)


ところで

久しぶりに吉岡山がライブをやれそうです。

3月11日(sun.)
栃木県宇都宮市Livehouse KENT

詳細は吉岡山WEBSITEにて↓

www.yoshiokayama.com






↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

テーマ:日記 - ジャンル:音楽
拙い文章でも読み続けてくれているヒトが居るらしいので
久々ですが更新・・・岡です。



言葉って難しい。

だけどヒトが解り合うには言葉しかない。

本当に相手を思いやる気持ちとかがあれば、
言葉より想いを受け取れるモノが見つけられるかも知れません。

でも思いやる気持ちを持つようになるまでには
きっとたくさんの言葉を交わすことでしょう。



言葉は・・

語彙が豊富でも貧しくても
アタマが良くても悪くても
長く生きていてもそうじゃなくても

いつも拙いんだよね。

言葉を重ねれば重ねるほど
本当の気持ちが伝わらなかったり

言葉が足りず解ってもらえなかったり
解ってあげられなかったり

でも想いがあれば言いたいことがあって
聞きたいことがあるんです。



自分は自分の言うことが

相手にとって
自分にとって

良いのか悪いのか解らないときがあるけれど

気持ちに嘘さえなければ
相手を信じていれば
それで良しとする・・・しかないのかなと思っています。

言葉は誤魔化したりができるのを知っているからこそ

誤魔化したくは無いのです。

ヒトは嘘がつけるからこそ

真実が欲しいんでしょう?

僕もそうです。




↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

テーマ:歌詞 - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。