吉岡山の音ネタ

アルバム制作・プロモーション・ライブ等、ヒイヒイ言いながらもまったり活動しているバンド「吉岡山」のブログ。Vo&Gは音楽講師やってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログの編集が好きになったとか言って、
その割には更新遅い・・・岡です。



相変わらずいろんなイベントに参加してます。
今日はギタリストとして大学の学際に参加してきました。

こーいうイベントはライブハウスのブッキングと違って
実に様々なヒトが出る。
何でもアリです。

あらためていろんな音楽が好きなヒトがいるんだなーと。

で、あらためて思うのが

音楽って本当にいろんな楽しみ方、感動の側面があるんだなーと。

自分は「今全然流行ってない音楽・あまり人気のない
マニアックな音楽」を楽しんでいるヒトを見ると
その感動の源泉がどこにあってそれが好きなのかな、と
想像、模索するのが好きです。

ひょっとしたら自分の想像を超えた音楽の感動ポイントが
あるのかもしれない!



なんにせよその音楽は、そのヒトの人となりを語っているに
違いないデス。



ほんとは歌いたかったヒトだから楽器が「歌っている」のか!

とか。

失恋したり傷ついたりして「癒し」の音楽が必要になったのか。

とか。

ほんとは弱い自分が虚勢をはる為のROCKなんだろうか。

とか。

FUNKをやってみたつもりが良く分からんのでヘンなPOPSに
なったりしてるのかも。

それ俺か( ̄ロ ̄lll)


流行っている音楽ひとつ取ってみても感じ方・感動は様々だもんね。

上手い演奏を聴くと「スゴーイ」
下手でも本気なカンジが伝わると「ガンバレー」
分厚いアンサンブルで「圧倒ー」
メンバーが可愛い女の子だったりすると「萌えー」(笑)

「深い・・」
「渋い・・」
「爽快!」
「笑える~」
「泣ける。」
「疼く!」(?)
・・・などなど。




自分は何を音楽から授かったのかなあ、と思いつつ

それを伝えていきたいデス。

それに自分が感動したみたいに誰かの「足し」になれば良いなー。




・・・「萌えー」は自分じゃムリですが ( ̄▽ ̄;)







↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。