吉岡山の音ネタ

アルバム制作・プロモーション・ライブ等、ヒイヒイ言いながらもまったり活動しているバンド「吉岡山」のブログ。Vo&Gは音楽講師やってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
最近ブログの編集が好きになってきた岡です。



エレクトリックギターという楽器の世界で面白いなあと思うのは
工業製品のひとつであるにもかかわらず

進化しないこと!

いや実は進化してます。が、車やオーディオ、家電品に比べたら
マイナーチェンジ程度です。

周辺機器においては、かなり進化しました。エフェクター等は
10年程度でも比較しようもないくらい。

なのに本体だけはむしろ昔のままが良い、ってトコがあるんですよね。

進化しないというか、進化を嫌うトコがある。
リイシュー(過去のモデルのレプリカ)やエイジド・レリック
(ユーズド加工)物が大人気。

本物のビンテージギターは状態が良ければどんどん価値が上がる。

特にデザインについてはおもいっきりモデルチェンジすると、
売れないんですね。

近年、大手楽器店でエレキギターの売り上げランキングを
年単位で調べるとフェンダーのストラト(USA/Japanどちらか)、
ギブソンのレスポール、又はそのレプリカ
以外がトップになったコトは殆ど無いのです。

だから正確に言うと、カスタマーが進化させない・・・?



フェンダーがテレキャス、ストラトを
ギブソンがレスポールシグネイチャーを
発表したのがだいたい’50年代。

両メーカーともほぼ「そのまんま」のリイシューを
今も販売しているという凄さ。

しかもほとんどのプロギタリストが上記のいずれか
(またはそのマイナーチェンジ版?)を所有している。

16歳のアマバンの女のコも60歳のオジサマも
メロコア君もブルースマンも
テレキャス、ストラト、レスポール。

ちょっと違ってもSG、335、ジャガー、ジャズマス、ムスタング、
グレッチ、モズライト、リッケンetc。

どれにしても、自分より「年寄りな」ギターばかり。

確かにビンテージギターの「当り」はとても音が良い。
だからといって新しいギターが駄目って訳じゃないです。

どんな世界にも懐古趣味的な製品ってあるけど
それが主力になってるものって・・・?

ジーンズとかスニーカーとかファッションの世界くらい?



クラシックの世界の楽器なら分かるんですが。
すでに長い歴史があるし何しろ音楽がその名の通り
「クラシック」な訳だから。

ROCKでも古き良き時代の音の再現を目指している人はいます。
それなら古いタイプのギターは合うでしょう。

しかし常に革新的であろう、個性的であろうとしているのが
ROCKの世界。

そして時代性がある。変わっていく。

どこにもない、新しい、自分だけの音楽・音を目指している
若いギタリストが抱えているのは’54年タイプのストラトだったり
する訳です。

実はギタリストは保守的だったりするのかも。

温故知新。新しい音を目指しつつ、かつての自分の憧れを忘れない。

そして「かつての自分の憧れ」を「今の自分の音」で鳴らす。

実はROCKも・・・音楽も日々カタチを変えていっても
人間の本質的な感情の琴線は変わらない。

それに似ている。そんな感じなのだろうか。





↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト
テーマ:エレキギター - ジャンル:音楽
TSUTAYAのcmを観ていて自分も無性に羊の毛を刈りたくなった岡です。



最近CDの流通量がどんどん減っているとか。
本国のタワレコも倒産しちゃったし、音楽配信はインターネットが
幅をきかせてきた、と。

CDという「かたち」が少なくなって少し違和感を覚えるが・・・

これは音楽を愛する全ての人にとって「健全」だと思う!

何故かと言うと


インターネットの世界での配信なら
「商業的」でない音楽もどんどん流通するから!



自分のバンド「吉岡山」は「mF247」というダウンロードサイトで
曲を配信しています。携帯電話向けには「itadaki」という
au公式サイトを利用しています。

いや自分が作品を世に出せるから、って訳じゃないっすよ。
そういう「個人的」な「商業的」じゃない音楽って面白いんですよ
自分は。

AさんもBさんもそこそこ満足って音楽よりも
(これはいわゆる「売れセン」)
Aさんは嫌いだけどBさんは大好きって音楽のほうが
Bさんにとってはかけがえがないものですよね。

でもこれは多分前者の音楽より売れない。

俺は欲しいCDが近所のTSUTAYAでいつも見つかんねーぞ!(怒)

あっ

田舎だからでした( ̄ロ ̄lll)



今インターネットは「web2.0」という新たな時代に突入したそうな。

これは今まで企業→個人という発信が主だったインターネットが
個人間相互発信が企業発信と対等以上になってきた、ということ。

2ちゃんねるやmixiのパワーは絶大なモンがあるし、
このブログってやつだってそうですよね。



前述の「mF247」の創始者・丸山氏は元SME(ソニー)の社長で
mF247を立ち上げたきっかけは

「自分の気に入った無名のアーティストを世に紹介したいと
思ったときレコード会社ではいろいろ面倒だから」

みたいなコト言ってました。

社長ですら、いや社長だからこそかもしれませんが。
音楽は「芸術」だけどレコード会社にとっちゃ「商品」なんだよね。

だから利益を考えてしまって、なんだか腰が重い。

「企業」「利益」と「芸術」って相性悪い気がする。本来。



音楽がCDというメディアを介在しなければ大掛かりな
メジャーの流通・制作に頼らなくても作れる。

インターネットで配信なら音さえありゃいいわけで。
世界中どこにでも届き世界中どこからでも探せる。

そしてどこからでも「発信」できる。地方でも個人でも。

そんでもってあらゆる音楽がそこにある。売れる売れない関係なく。


「健全」じゃないですかー!


作りたい人が音楽を作って、それを欲しい人がダイレクトに受け取る。

いままで売れてるものだから、って音楽を選んでいた人は
探すのが面倒になるだろうけど。絶対数が増えるからね。

だからレコード会社は「売れる音楽」を配信するんじゃなくて
ユーザーが好みにあう音楽に辿り着けるような「仕組み」を
開拓して欲しいです。

そんなカテゴライズの本屋さんが確か評判だったよね?
興味に沿うもののカテゴライズで陳列しているというやつ。



俺つくろうかな。

あっ曲つくらなきゃ・・・。





↓良かったら押してね
FC2 Blog Ranking

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。