吉岡山の音ネタ

アルバム制作・プロモーション・ライブ等、ヒイヒイ言いながらもまったり活動しているバンド「吉岡山」のブログ。Vo&Gは音楽講師やってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また久し振りすぎて広告ついちゃった(苦笑)岡です。
まぁ気分で書いてるので、気分で観て下さい。




自分はコンパクトな道具が好きで
ギターも音色等に問題がなければ小振りで軽い物を選んでいます。

今は前に書いた改造ストラトばかり弾いています。




・・・育って来たよコイツ(笑)

ボディとネック以外はほぼバラバラなコンポーネントが
馴染んできたのか?音が変わってきて

数ヶ月前は新しい弦を張ると音がキンキンしすぎて嫌だったのですが
最近はそうでもなく。

また、ナットの溝も馴染んできたのか
アーミング後のチューニングもかなり安定してきました。




レスポールはエレクトリックギターの王道のひとつですが買ったことが無いです。
(コピーモノ・本家Gibson共に借りて使っていた時期はありますが)
格好良いし音も良いとは思うけど、重いので。

お前は虚弱か、とつっこまれそうですが

自分は気に入ったギターは本当に弾きまくってしまうので

重いと、ほら

右足の血が止まったり抱えて居眠りとかしちゃうと呼吸がヤバイとか(笑)

もちろん音ってのもあります。
シングルコイルの騒々しいカッティングはやはりレスポールには無い魅力なんです。

後、ストラトって良い音を出すのが難しいギターで
しっかり弾かないとダメなところも、何となく好きです。

特にピッキングが下手だと(しばらく練習を怠っても)
ホントにしょーもない音が出るんですよね。

俺のだけか?

つうか俺が下手なだけか?

・・・・・




このあいだ鍵盤屋サンとイベントライブを観に行ってチャットモンチーを観たけど
G.&Vo.の彼女のメインはレスポールカスタムなんですよね。
あれは軽いのは殆ど無いので(レスポールスタンダードはたまに軽いのがある)
小柄なのに頑張ってるなぁと感心しました。

最近の日本のプロギタリストってステージでストラト弾く人少ないですね。
上記のライブも3バンドで計10本近くのギターを観たけど
たしかストラトは1本も無かったような記憶が。

一番多かったのがFenderのJazzmaster。

今流行り?

若者バンドはレスポール系
歌ギタリストはテレキャス
歌モノサポート系はJazzmaster

なんだろうか?

なんかギターって音楽に対するTPOってありますよね。
ピアノとかと違って色や形が豊富なエレキギターならではの現象です。

特に日本人は音楽と楽器を合わせる人が多いですね。
アメリカとかだとしっとりとしたAORなバンドなのに
ギタリストはヘビメタみたいなの(ヘッドとかが尖った真っ黒いヤツとか)
使ってたりして面白いです。

ジョニー・ウィンターなんて年齢60代でBluesなのに
ヘッドレスギターだものね。

バディ・ガイとかも音楽は渋いのに水玉模様のストラトですからねぇ。

アメリカ人の美的感覚ってたまにオカシイ(笑)




という訳で、これ↓
you tube動画

これは格好良いかもしれない(笑)







スポンサーサイト
岡っす。


最近ずーっとギターサウンドに悩みあれこれ試行錯誤していました。

まず、以前ブログに書いた改造ストラト。

非常に取り回しが良いので何回か本番に使いました。
BARでのアンプラグドから(エレキだけど)ホールでPA無しという状況まで
試す事ができたので、現場での音の感触が解ってきました。

んで、低音域がボワっとしている&高音域がきついという印象に。
そこでリアピックアップ(Dimarzio DP414)に合わせて取り替えたPOTの抵抗値を
元の数値に戻しハイエンドを滑らかにしました。
(Dimarzioの推奨値は500K→250Kに。POTの抵抗値を下げると高域が減ります)

おかげでカリカリした高域は滑らかになったのですが
今度は相対的に低音のボワボワ感がより顕著に・・・

そこで良かれと思ってわざわざつけたオイルコンデンサーを
普通のセラミックのタイプに戻しました。
このコンデンサー、低音の広がり感がウリらしいけど
某工房のHPでモコモコと評されていた・・たしかに。
toichi.vq
TOICHI Vitamin Q

グレードアップパーツとしてビンテージレプリカのコンデンサーが
よく売ってるけど、レプリカじゃやっぱりダメですね(ギターとの相性もあるだろうけど)
本当の古いコンデンサーは良いらしいです。

で、ギター本体はまぁこれで良いか、となったのですが
ストラトは出力が小さいので歪みのGainが低く感じるように。

そこで今度はプリアンプ(H&K製 Tubeman)の真空管を交換。

今まではJANスペック(軍用規格)のGE製5751というやつ。
デッドストック品の為、スペアまで買っておいたのですが
ストラト→Tubemanとは相性が今ひとつ。5751はGainが低いのです。
ハイパワーピックアップのギターだと抜群に音良いのですが・・。

で、選んだのが家に転がっていたエレハモ製。
Gainがあるわりには滑らかな音色で、今回はこれでOK!
12ax7eh
Electro Harmonix 12AX7EH

んで次はアンプ。

ライブでも自宅でも使える60Wの12インチ1発のコンボを使っていたのですが

いつも納得が行かなかったのが
「ギター教室に置いてある小さい国産のGuyatoneのほうが良い音がする」

・・・なんだか自分、安い小さいアンプのほうが音好きかも(苦笑)
爆音にしないといい音しない大きいアンプは家で使えないですしね。
理想はライブでも自宅練習でも使えるアンプなのですが
前述の12インチ1発でも小音量だとスピーカーの動きが悪くてこもった音になっちゃう。

ところで調べてみるとこのGuyatone、結構名器らしく
中古でも定価以上で取引されていることもあるらしい。
10インチのセレッション製スピーカーが付いていて、プリアンプに真空管を使ったものです。
guya.flip300fcn
Guyatone FLIP300fcn

まぁそれと取り替えちゃおうかなとも思ったのですが・・
このアンプもライブレベルの爆音で鳴らすとスプリングリバーブが
ビャンビャン言ってしまうという欠点が。

それにしても自分はどうやら12インチより10インチのスピーカーをパンパンに鳴らしたほうが
音が好みだという事が判明。(Tubemanを使った現セッティングの場合)

そしたらある日某中古店で古いヤマハの30Wアンプを発見。

なんとセレッションG10-35L(Guyatoneと同じモノ)が付いているではないか!♪

しかしこのアンプなんか見た事あるなと思ったら・・
以前とあるBARでセッションしたときに鍵盤屋さんから借りたのと同じだった。
そのときの記憶ではまろやかな良い音がしていたぞ、と。

持ち帰り、オーバーホールしました。

ギター&プリアンプとの相性バッチリ!
求めていた前に出るミッドレンジ&程良いコンプレッションです。
またクローズドバック(密閉型)キャビネットの為か、ボワつかないタイトな低音。
爆音にするとシャーシ内で基盤が共振を起こしていたが
スポンジやボンドを駆使したりシャーシ曲げたり、あれこれやってなんとかなりました。

ついでに出力ケーブル途中のヘッドホン&RECOUT回路端子をバイパスして
スピーカーに直結。なるべく余計な回路はカットしたほうが音が良いかな、というコトで。
yamaha.arpro
YAMAHA AR-PRO

ラウド系じゃない音楽なら音量も足りるかも。
しばらくこれで煮詰めていこうと思います。




ちなみに今後の予定
サポート
・2/17 大塚CAVE
・3/14 栃木県佐野市 道の駅たぬま
弾き語り
・4月 詳細未定





岡です。相変わらず音楽についてあれこれ妄想の日々です。



(前回のブログにもあるように)

最近自分がフロントマンではなく
サポートというカタチでギターを弾いていたので
「ギターがその音楽にもたらす効能(影響?)」みたいなものを
あらためて考えたりしています。

というか、演るのがギターだけなのでギターというパートに
より思慮深くなれるといった感じです。

自分のバンドではVocal&Guitarというスタイルだから
どうしても旋律(Vocal)のほうに重きを置かざるを得ないので

だからたとえ結果としての音が同じでも
G.&Vo.とG.のみではまるっきり「そこに向かう意識」が違ってて
それぞれのアプローチを楽しんで(苦しんで?)います。



そこで「ギターがその音楽にもたらす効能」という意味で
凄いな、って思うのがギタリスト名越由紀夫さん。

名越さんはCharaやUAや椎名林檎やSalyu等、
とても個性的・魅力的なアーティストを手伝っています。

あるギター誌では
「佇まいだけで上手いと感じさせるギタリスト」と評されていました。
そのプレイは定番的なアレンジとは一線を画したモノで

・・ちょっと変態(笑)。

ヘタウマ的アプローチも多く
普通の感覚の良い音では・・・ありませんね。

が、もちろん奇をてらう為にやっているのでは無いです。
それは彼がとても音楽というものが解っているプロデューサーに
非常に人気があるコト、またその一見突飛と思えるプレイが
その楽曲の良さを思いっきり底上げしているコトからも解ります。

やはり音楽はセンスだなぁと思ってしまう彼のプレイを
是非一度御覧下され!



下記のリンク(Youtube)は彼のプレイの中でも割と地味なほうですが
それでもボウイング奏法がメインです。
この曲は元々とても好きな曲なので余計に嬉しくなってしまった♪


風に乗る船/Salyu
http://jp.youtube.com/watch?v=2PgAEclRYyI
landmark/Salyu
http://jp.youtube.com/watch?v=spVYthMC4FI
(Live acoustic tour 2006 "close to you")


テーマ:ギター - ジャンル:音楽
(この記事は少々ギターについてマニアックです。ご了承下さい。)
この夏はお盆休みを利用してギターを改造していました。岡です。



・・実際にはお盆休みを大幅に過ぎ、何とか組み上がったのが昨日。

自分の使うギターはほぼ全て何らかのモディファイを施しているのですが
今回はかなーり、気合入れました。

元はFenderJapanの安いストラトなのですが
これはちょっと小振りなミディアムスケールなので取り回しが凄くしやすい。

しかし殆どの量産品はこのミディアムスケールのストラトを
「初心者用」として考えていて、廉価なモノばかり。

故に、スペックがショボイ(´-ω-`)。特に電気系が。

という訳で「プロのライブでも使えるミディアムストラト」を目指し
色々と手を加えてみました。



まず、配線材総取替え。
ヘナヘナのビニール線からWE VintageWireへ。
ポット、SW、ジャックは・・・これまた純正は実にショボイ(悲)。
音と耐久性で定評のCTS、CRL、Switchcraftへ。
コンデンサーはセラミックからオイルタイプへ。
ソルダー(半田)はこれまた定評のKESTER44で。

ピックアップは・・・
フロントはJapanVintageで評価の高いトーカイEスタンプを
リアはDimarzio VirtualVintage Solo Proへ。
センターはリバースタイプ(ノイズキャンセルの為の)だったので
そのまま。

ライブでの利便性を考えToneふたつ→ひとつでMaster Tone仕様に。
ポットの空きがピックガードにひとつ残ってしまうので
(&色がイマイチ気に入らなかったので)
ややくすんだホワイトのピックガード材を選び削り出しました。
超疲れました・・・。

ナットはアーミングによるチューニングの狂い対策で
Slipstoneというデルリン素材のものを使い削り出し。
ついでに弦間スキャロップ(弦と弦の間を凹ませる)を
やってみました。各弦の音の分離が良くなる・・とか?

ストリングガイドはこれもアーミング対策で
ローラーベアリングタイプに変更。
そしてアーム自体のマスを軽減する為アームバーをチタンに変更。

結果はバッチリ、軽いビブラート位なら全然狂いません、チューニング。

さらに

ネックの塗装を剥がし、オイルフィニッシュ&オイルステイン仕上げに。
フレット鏡面仕上げ。剥がしに気合を入れすぎて指板が少々凹み
意図せず軽くスキャロップになってしまいました(笑)。
鳴り&演奏時の感触アップ。見た目もシブイ(?)。

とどめに

綺麗すぎてなんかイヤだったので
軽くレリック加工(ジーンズのUSED WASHみたいなモンです)
艶を鈍くして少々の打痕・傷を入れました。
ピカピカのボディにハンマーとヤスリでガツガツと・・・
もう常軌を逸したギターフェチの域(笑)。


んー自己満足度は最高です。


ライブをやるときは是非、音を聴きに来て下さい。
元中古3万円程度のFenderJapanのモディファイの音はいかに・・?

FJ.Mod.

FJ.Mod.ST





テーマ:楽器 - ジャンル:音楽
練習に煮詰まって書いてます岡です。



良いな、と感じるフレーズを音程から考察してみます。
(他にも沢山良いフレーズの要素はありますが、それは置いといて)

結構それはメロディックなものが多い気がします。
アルペジオ(分散和音)が程良く混ざっていることが多いです。

なので

アルペジオを沢山練習すべし!



アルペジオと言ってもアコースティックギターのバッキング的な
ヤツじゃなくてフレーズ(メロディ)ね。

JAZZ系のギタリストは当たり前に練習していると思いますが・・
CROSSOVER(FUSION)時代を通過した昨今のROCK,POPS系は
ペンタトニックスケールやダイアトニックスケールを
順列的に早弾きしても、もはや対応できません。

良いフレーズが必要ならば、フレーズのインターバルに気をつけましょう。

ペンタトニックスケールはギタリストにとって
大いに活用できるデフォルトな存在ですが
欠点がありまして

(これは実践的なペンタトニックのフレーズコピーが少なく
スケール練習的にポジションを覚えてしまった人は特に注意!)

弾きやすいように弾くとフレーズのインターバルが
跳躍しないのです。

何故かと言うと

ペンタトニックの弾きやすいポジショニングは
ほとんどブロックポジション
(指板上で4~5フレットに渡ってまとめられたポジションの事)
の場合、同弦で音は二箇所。

弾きやすいように弾くと、次の音に行く時
指を(フレットを)変えると思います。
異弦同フレット連続等は同じ指の場合指先をクネクネ曲げないと
音が重なってしまうし、低音弦側には滑らかに行きづらい。
しかし指を変えるにもハイフレットでは狭苦しい・・為。

また大きく弦を飛び越えるのも速いフレージングでは結構
大変なので、つい隣の弦に行ってしまいがちになります。

結果、上記のように同弦で二箇所しかないペンタトニックは
スピーディに弾こうとすると「次の音の選択肢」は
ほぼ2音しか無い事になる訳です。

そしてそれはスケール上で考えると
1つ上の音か下の音という事になります。

ドレミで言ったら「ドレミレミファソラソラシドレ~♪」みたいな。

これでは跳躍インターバルが無いのです。
中途半端にスケール練習したギタリストはこんなフレーズを
連発しがちです。

これでは駄目、って訳ではありませんが(滑らかだし)
こればっかりじゃ退屈ですよね。

そこで音を跳躍するとします。

しかし上記のようにペンタトニックでは弾きづらいうえに
適当に音を飛ばしても「適当に音を飛ばしたようなメロ」に
なりがちです。

ようは難しい事やってるのに報われて無い状態(泣)です。



メロディックな跳躍インターバルとは・・・?



メロディというのは「横の繋がりの響き」と「縦の響き」を
同時に考慮する必要があって
(横は時間の流れの中での前出の音との関係、
縦はその瞬間同時に鳴っている他の音との関係です)

このどちらかが(できればどちらも)「和声的に響きが良い」と
良いメロディに聴こえる事が多いです。

これが解っていれば意図的に不協和にして
スリルのある(?)フレーズを創る事も簡単です。

この「横の繋がりの響き」を「和声的に響きが良い」状態にしたのが
アルペジオフレーズという事です。(って言うかモロ和音ですからね)

このアルペジオフレーズはバックの音が薄い時
特に効果的です。
例えば3ピースバンドでギターがコレをやって
音程を出す楽器が後はベースしか居なくなっている状態、等。

割と自由にできるうえに(バックとの縦の響きに気を遣わなくて済むから)
和音を出している楽器が居なくてもコード感が出てくる訳です。

ハモり、という言葉がありますが

同時に2つ以上の音が鳴っていなくても
メロディの流れが分散和音であれば、人間のアタマはそれを
時間を遡って合成しハーモニーを感じているのです。



やたらとマニアックな話になってしまいました(苦笑)が・・



とにかくアルペジオを弾くべし!
アルペジオなら弾きやすいように弾いても簡単に
音をスっ飛ばす事ができます。(やってみると指板上で解る)

展開型も練習すれば言うこと無しです。例えばドミソは
ドミソという順番だけでなくソドミとかミソドとかドソドミとか。



オメーも練習しろって ヽ(`Д´#)ノ   ←自分に







テーマ:ギター - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。