吉岡山の音ネタ

アルバム制作・プロモーション・ライブ等、ヒイヒイ言いながらもまったり活動しているバンド「吉岡山」のブログ。Vo&Gは音楽講師やってます。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
また久し振りすぎて広告ついちゃった(苦笑)岡です。
まぁ気分で書いてるので、気分で観て下さい。




自分はコンパクトな道具が好きで
ギターも音色等に問題がなければ小振りで軽い物を選んでいます。

今は前に書いた改造ストラトばかり弾いています。




・・・育って来たよコイツ(笑)

ボディとネック以外はほぼバラバラなコンポーネントが
馴染んできたのか?音が変わってきて

数ヶ月前は新しい弦を張ると音がキンキンしすぎて嫌だったのですが
最近はそうでもなく。

また、ナットの溝も馴染んできたのか
アーミング後のチューニングもかなり安定してきました。




レスポールはエレクトリックギターの王道のひとつですが買ったことが無いです。
(コピーモノ・本家Gibson共に借りて使っていた時期はありますが)
格好良いし音も良いとは思うけど、重いので。

お前は虚弱か、とつっこまれそうですが

自分は気に入ったギターは本当に弾きまくってしまうので

重いと、ほら

右足の血が止まったり抱えて居眠りとかしちゃうと呼吸がヤバイとか(笑)

もちろん音ってのもあります。
シングルコイルの騒々しいカッティングはやはりレスポールには無い魅力なんです。

後、ストラトって良い音を出すのが難しいギターで
しっかり弾かないとダメなところも、何となく好きです。

特にピッキングが下手だと(しばらく練習を怠っても)
ホントにしょーもない音が出るんですよね。

俺のだけか?

つうか俺が下手なだけか?

・・・・・




このあいだ鍵盤屋サンとイベントライブを観に行ってチャットモンチーを観たけど
G.&Vo.の彼女のメインはレスポールカスタムなんですよね。
あれは軽いのは殆ど無いので(レスポールスタンダードはたまに軽いのがある)
小柄なのに頑張ってるなぁと感心しました。

最近の日本のプロギタリストってステージでストラト弾く人少ないですね。
上記のライブも3バンドで計10本近くのギターを観たけど
たしかストラトは1本も無かったような記憶が。

一番多かったのがFenderのJazzmaster。

今流行り?

若者バンドはレスポール系
歌ギタリストはテレキャス
歌モノサポート系はJazzmaster

なんだろうか?

なんかギターって音楽に対するTPOってありますよね。
ピアノとかと違って色や形が豊富なエレキギターならではの現象です。

特に日本人は音楽と楽器を合わせる人が多いですね。
アメリカとかだとしっとりとしたAORなバンドなのに
ギタリストはヘビメタみたいなの(ヘッドとかが尖った真っ黒いヤツとか)
使ってたりして面白いです。

ジョニー・ウィンターなんて年齢60代でBluesなのに
ヘッドレスギターだものね。

バディ・ガイとかも音楽は渋いのに水玉模様のストラトですからねぇ。

アメリカ人の美的感覚ってたまにオカシイ(笑)




という訳で、これ↓
you tube動画

これは格好良いかもしれない(笑)







スポンサーサイト
岡です。



一ヶ月以上書いていなかったなぁ。



ここのところは うーん・・






センターPUを定番テキサススペシャルに変えたり

t.sp

音はまぁ普通というか、アンプ次第という気がします。






桜散りゆくラグビー場を眺めたり

sakura

数々の汗と涙を見守ってきた木々。






コンデンサをまた変えたり

capa

Cornel DubilierのGreen PMというヤツ。これかなり好みの音!






散歩したり

sanpomichi

用事のついでだけど。S&Gの「冬の散歩道」を思い出した。






ケーブルをまた作ってもらってたり(byH工房)

belden

またBelden。8412はストラトには合わない気がして、9778で。






と、相変わらずな日々です。






そうそう

makeawish

何だかとてもココロに響いたもの・・・あのオノ・ヨーコさんのInstruction Artです。





想像しなさい(笑)







久しぶりにネットカフェなんぞに来てみている岡です。


今日、昼休みに兄と会った。

兄は自分に劣らず音楽人間で、
小学生の頃から英語の歌詞を父にカタカナで書いてもらい歌っていたり
夕食時にはしょっちゅう箸で食器ドラムをやっててうるさかったという人だ。

中学から吹奏楽でトランペットを吹き始め四半世紀経った今でもやっている。



兄は4月のアタマに演奏会があるらしい。
ちょっと楽器(人)が足りないのでエキストラを使うと言う。

どうしてそういう話になったのかは忘れたけれど
(多分トラを頼む人材という事だったような)
「若い奴は結構優秀な音大生でもイマイチなんだよなぁ」みたいな話だ。

まぁ音楽センスと肩書きは全く関係無いというのは自分も経験済みです。
これまで何度もなんたら優秀賞をもらったバンドや
アメリカの超有名音楽院出身だのに(言葉は悪いが)騙されてきた。

しかし自分は若いから駄目っていう事は全く無いと思っています。
若くても経験と感受性があれば良いのかもと思った。

それに凄く若いミュージシャンに感動させられることも勿論多々あるしね。



しかし「長い年月をかけたものの良さ」というのは確かにあって
それは短期間で大量に同時間練習をやっても身に付くものではないのかもしれない。

きっと楽器を練習していないときも・・・
例えばTVを観ているときも、買い物先の有線のBGMでも
日常にはあらゆる場所に音楽が流れていて

無意識の音楽の蓄積。これも音楽性に多大な影響があるでしょう。

また音楽というものは流行があるから、長く人間やってれば(笑)
たとえコアな音楽ファンじゃなくても自然と色々なジャンルの音に触れやすい。

音楽的な感受性が豊かな人間なら無意識のうちに
どんどん脳ミソに自分が好きな曲、フレーズ、音色などが
ライティングされていくのだと思う。

もちろんただたくさん聴いただけじゃ駄目で
「自分が忘れられないような良いものにどれだけ沢山出会えてきたか」という事でしょう。



人は生きてれば色々あるから、長い時間はそれだけ沢山の
心の状態を過ごす。

音楽はその時々の心の「今その瞬間」に共感するものだから

長くやってると「そのとき響いた音」が豊富になるんですねきっと。

「こんなときは、こんな音が、こう心に響く」っていうのが
解ってくるのには経験が必要なのかもしれない。

そう考えると音楽ってスポーツ選手とかと違って
演奏の運動能力はともかく音楽性のピークは死ぬときってやつか?



僕等全てのミュージシャンはどんどん良くなっていく。

そうありたい。






この季節は甜茶エキスをガバガバ飲みまくっている岡っす。
(結構効果あります)


3月14日。

関根奈緒ディナーLIVEでギター(EG.)を弾いてきました。

前日に現場でみっちりとリハをやったせいなのか
メンバーやお客さんを含む会場の雰囲気のせいなのか
自分のコンディションのせいなのか

多分、全てが上手く噛み合って
素晴らしいひとときを過ごせました。

Vo.Key.B.AG.Dr.。みんな・・良かった。
後半になるにつれどんどん良くなっていきました。

その頃には、もうね、感極まってしまったよ。

みんなで出しているSoundに。

そこに立っているコトに。



アンコール曲は僕がアレンジさせてもらった奈緒ちゃんのオリジナル曲で
それがいかにもhappy endにふさわしい曲調で

素敵な映画のエンドロールのような気分で弾いていました。

・・メンバーありがとう、お客さんスタッフさんありがとう

この瞬間よ、ありがとう、さよなら・・って。



そしてほんとうに

音楽よ、ありがとう!!!




2008.3.14.2

リハ風景。(Photo by Takashi.K ←Thanks!)








岡です。

いやぁー2月17日は楽しく気分の良いステージだった~

演奏は神経使ったけど。

奈緒っちはやっぱりいいヤツだ。

みんなもいい人達だった。



・・・何のこっちゃ解りませんよねこれじゃ(苦笑)

詳細はこちらで↓
なおLife(関根奈緒Blog)




テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。